YZF-R7 慣らし走行で環七と首都高(200km)

YZF-R7の慣らし走行で、環七を一周して、首都高も少し走って計200km。慣らし走行もそろそろ終わりそうです。

先日、一般道での慣らし走行として環七を一周してから、高速道路の慣らしで首都高をグルグルするはずでしたが、雨のために首都高を走ることができませんでした。

今日はずっと雨は降らなかったため、やっと環七と首都高を走ることができました。(首都高マップ)

首都高マップ

今日の走行で気がついたのは、ステップが使いやすいこと。

YZF-R7がリリースされた昨年12月頃、試乗動画などでステップが短かいと言われていました。うーん、そうでしょうか。このステップは表面の凸凹がレーシングブーツによく食い込んで、足がずれることがありません。ステップの長さが足りないと感じたことはありませんし、逆にこれより長いと邪魔になりそうです。

それにしても、相変わらずリアのABSが作動します。しかも大してスピードを出していない時ばかりです。ブレーキを掛ける時の癖でリアを強く踏みすぎてしまうのか、それともリアサスペンションを柔らかめにした方がいいのか。これは1ヶ月点検の時にYSPに相談してみるつもりです。

本日4月9日の走行200kmを終えて、総走行距離は約900kmになりました。3月20日に納車されたので、納車1ヶ月で慣らし走行が終了しそうです。そのあとは普段の走り方に戻して、段々とエンジン回転数の上限を上げて行きます。とはいっても、6速4,000rpmで時速100kmが出ちゃうので、10,000rpm回すような機会はそうそうなさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください