首都高でラーメン食べてきました YZF-R7

首都高の芝浦PAにラーメンの自動販売機ができたので、朝ツーついでに食べてきました。

首都高PAマップにも芝浦PAは載っています。湾岸線を千葉から羽田方向に走り、11号戦に乗り、レインボーブリッジを渡り切った先にあります。湾岸線からC1に行く途中ですね。

残念なのは、反対方向(C1から湾岸線方面)へ行くときには入り口が無いことです。

https://www.shutoko-sv.jp/parking_area/

芝浦PAの二輪駐輪場から休憩スペースを見たところです。白と青のストライプが描かれた壁の所が、休憩スペースです。

階段を少し登ります。エレベーター、エスカレーターは無いので徒歩のみです。

自動販売機が並ぶ一角の一番奥。「芝浦無人食堂」という暖簾がかけられたのが、ラーメンの自動販売機でした。ここ、以前はファミリーマートの有人店舗がありました。首都高唯一の有人店舗で、休憩ポイントとしてよく利用していました。

YO-KAI express って、「妖怪 エクスプレス」なのかな?

ほう、90秒で完成するんですね。以前、自動販売機でよく売っていたホットドッグ、チャーハンなども同じくらいの時間だったと思います。

現金は使えません。クレジットカード、電子マネー、QR決済のみでした。

「鶏 Yuzu Shio 790円」を注文しました。

QRコード決済で支払います。

すぐに調理が始まりました。シューっと音がします。

あっ、箸とレンゲの扉が開いたので、ひとつずつ取り出しました。

シューっという音の原因が分かりました。ラーメンを温める区画が磨りガラスのようになっているのですが、蒸気が渦巻いているのが薄っすらと見えます。スチームオーブンで温めているようです。

ラーメンが完成しました。フィルムで蓋がされていて、真ん中に穴が空いています。たぶん、冷凍された丼にお湯を入れ、スチームオーブンで温めているんですね。

スープの塩気が少し強めでしたが、麺、鶏肉、メンマ、ネギは美味しかったです。鶏の上に柚子の皮が乗っていましたが、そこが味のアクセントにもなっていました。

朝6時前でしたから、休憩スペースはガラガラでした。

専用のゴミ箱に、残ったスープを捨て、箸やレンゲをその隣りに捨てました。この専用のゴミ箱があるのもいいですね。ゴミが散乱しなくて済みます。

想像していたより美味しかったです。300円超の生麺カップラーメンに近いレベルでした。量は少し物足りないかな。2つ食べてもいいかもしれません。

でも、一風堂のラーメンも食べられるようになるようですし、首都高の他PAにも展開するようです。寒くなってきたら、移動途中でさっと食べられるラーメンは有力な選択肢になりますね。

ご馳走様でした。また食べに来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください