全日本ロードレース2022年カレンダー

全日本ロードレース選手権の2022年カレンダーが公表されました。(PDF)

2021年カレンダーと比較して、オートポリスが1回追加の計2戦となり、全8戦となっています。

筑波サーキット 1コーナー

2021年の開催レースを参考にすると、各サーキットの2022年レース数は下表のようになりました。

開催日会場JSB1000ST1000ST600J-GP3JP250
14月2〜3日ツインリンクもてぎ211116
24月23〜24日鈴鹿サーキット(2&4)22
35月21〜22日オートポリス(2&4)22
46月4〜5日SUGO211116
56月25〜26日筑波サーキット22228
68月27〜28日オートポリス211116
79月17〜18日岡山国際サーキット111115
811月5〜6日鈴鹿サーキット211116
13777741

JSB1000は、岡山以外では2レースあります。筑波はJSB1000ありませんが、JP250含む全クラスが2レースの計8レースあります。東京から行くとなるとやっぱり、4月もてぎ、6月筑波の2回かな。個人的には、土日の2日間が決勝レース満載となる、筑波サーキットでの観戦をお勧めしたいですね。

ふと気がつきましたが、開催8回のうち、東日本は3回(もてぎ、SUGO、筑波)、西日本は5回(鈴鹿2、オートポリス2、岡山)なんですね。もてぎ開催をもう1回くらい増やしてくれても、観戦するほうとしては全く困りません。逆に大歓迎です。MFJさん、考えてくれませんかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください