一般道縛りで箱根まで (YZF-R25)

高速道路を使わずに一般道のみで箱根に行ってきました。

行きはよいよい、帰りは渋滞……

日の出前の午前4時半に東京を出発し、国道1号線をひたすら西へ。東名高速や小田原厚木道だけでなく、新湘バイパス、西湘バイパス、箱根ターンパイクや箱根新道すら使わずに走り、大観山のスカイラウンジに到着したのは午前8時半でした。

途中、日の出が大体5時半頃で、気温は7時半くらいまでは下降傾向です。思いのほか涼しく走れました。

でも、大観山は思ったよりも涼しくなく、東京よりはマシというレベルです。

あれ!? スカイラウンジの営業時間は、もっと遅くまでやってませんでしたっけ?

やっぱり、ここから見る芦ノ湖と富士山の組み合わせはいいですねぇ。

スカイラウンジには、ヤマハのテネレ700が展示されてました。MT-07やYZF-R7と同じエンジンです。

そして、ガチャガチャには、ネットで流行ってる「現場猫」もいましたね。この猫、最近は様々なところで見かけます。

ラウンジでグタグダしたり、椿ラインをウロウロしたりして滞在は約3時間。

11時過ぎに東京に向かいましたが、さすがに渋滞に捕まりました。もう、全然進まないので諦めて、横浜横須賀道路経由で首都高に乗り、東京までワープしました。それでも、走行時間は約6時間。復路は一般道縛りを諦めて、高速を使えばよかったと後悔の嵐です。

夏の日中のバイクは暑い! 上下フルメッシュでも暑い! 死にそうなので、首都高大黒PAで水分補給しましたが、ここで休憩しなかったら頭がボーっとして事故になっていたかも。

もう、バイクで走るのは日没〜日の出の間にした方がいいかもしれません。

日の出前から走って、日中はネットカフェで仮眠、日が落ちたらまた走る。そんなスケジュールがいいのではないかと思ってきました。次はやってみましょう。

今回の走行は約300km。燃費はリッター36kmでした。暑い中でYZF-R25君が頑張ってくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください