YZF-R25のタイヤ空気圧足りずフニャフニャ

なんだかタイヤが踏ん張らないというか、フニャフニャするように感じていたのですが、空気圧が不足していました。

フロントの規定空気圧は 2.0kg/cm2 のはずですが、1.8kg/cm2 しかありません。

そして、リアは規定値 2.25kg/cm2 に対して、1.95kg/cm2 しかありませんでした。前後ともに1割程度の空気圧不足ですが、それで乗り心地に影響するんですねぇ。

ちなみにエアゲージはエトスデザインさんの製品で、たぶんYAG-400です。ゲージ本体とタイヤに押し付ける部分(名前が分かりません)がホースで繋がれているので、チェーンやブレーキディスクが邪魔になることがありません。とても使いやすいです。2014年10月に購入して以来、ずっと活躍してくれています。

足りない空気は自転車用の空気入れで足して、規定値の空気圧にしました。すると、タイヤがちゃんと踏ん張ってくれて、乗り心地も向上しました。空気圧は大事です。

半年毎の定期点検はYSPにお願いしていました。前回は2020年10月で、それから4ヶ月経過してます。空気が抜けたこともあるのでしょうが、気温が下がったことも影響していそうです。2019年まで乗っていたRZ250Rは30歳の老体だったこともあり、毎月のように空気圧をチェックしていたんです。YZF-R25は新車購入したこともあって油断していました。気温の変化が大きい時は特に、頻繁にチェックした方が良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください