YZF-R25でいろは坂に行きました

いつも箱根に行くので、昨日(10月3日)は日光いろは坂に行って来ました。

早朝?の3時過ぎに出発、混雑する前にいろは坂に到着する予定です。

■07:00 日光宇都宮道路を降りてから、いろは坂に一番近いコンビニエンス ストアはファミリーマート日光清滝店です。これより先にコンビニエンス・ストアはありません。ここで食べます。 ( google map )

ちょいとお腹に入れてから、いろは坂に入ります。

いろは坂には猿がいるので注意するように言われていますが、下りの途中で鹿がいました。これには驚きました。バイクを止めて振り返ったら、あっという間に木立の中に消えて行きました。

朝の7時台だったのに、走り屋ではない普通の観光客・レジャー客の車が思いのほか走っていましたね。今日は道路が混みそうです。

■08:30 いろは坂を登って、降りて、また登って。9時前になってお腹が少し空いたので、中禅寺湖畔のカフェ「アドニス」でモーニングコーヒーを飲みました。

テラス席で食事しながら休憩。

いろは坂をさらに3往復した頃には、かなり車が多くなってきました。もう、道路が混雑してきて危ないので、湯ノ湖を見て帰ることにします。

湯ノ湖には温泉が流れ込んでいて、冬でも暖かいところがあります。巨大な鯉が泳いでいます。湖面をよく見ると、湯気が流れてます。

湯ノ湖は見たかっただけなので、特に攻めることなくタラタラ走行です。

■13:00 気がついたら、もう13時になってました。中禅寺湖に戻って、また「アドニス」でカレーを食べました。あとは家族へのお土産を調達して、東京に帰ります。

■18:00 東京に到着。ということで、今日の朝からの流れは以上です。

いろは坂のコーナーはRが小さくて、低速でも面白いのがいいですね。箱根ターンパイクだとRが大きいので、それなりの速度になってしまいます。ただ、いろは坂の問題は東京から遠いこと、冬季の走れない期間が長いことです。それが解消されれば、日光または宇都宮あたりに住んで、毎週末にいろは坂を楽しみたいです。

■走行内容のまとめ

走行距離は約470km。YZF-R25の燃費はリッター33kmでした。

東京から、いろは坂を経由して湯ノ湖まで約190kmあります。 ( google map )  そこを往復したので約380km。いろは坂を5往復?したので、それだけで約100km走ってます。

いろは坂は一方通行で、登りと下りは違う道です。 ( google map )

登りはきれいに舗装された2車線道路。それと比較して下りは、路面は荒れてるし車線もひとつだけです。まあ、下りで追い越しかけたりしてスピードが出過ぎると、そのまま転落しますからね。慎重な運転が必要です。

YZF-R25で何度か往復してみると、登りも下りも3速が一番スムーズに走れました。エンジンをあまり回さずに、反応が鈍い低い回転数を使ったので、ラフなアクセルワークでも大丈夫でした。

次回の自分のために、アクセル・ブレーキの操作をメモしておきます。

登りは、コーナーは3速で抜けてそのまま加速します。直線が長い場所では4〜5速まで使いました。
・コーナー手前でエンジン回転数を合わせつつ3速に落とす。
・直線でブレーキングは終了。
・コーナー手前で腰はシートからオフセットする。
・コーナーリング中のアクセルはパーシャル。
・クリップを過ぎたら少しずつアクセルを開ける。

下りは、コーナーは2速、直線は3〜4速。メリハリのある走りができるのですが、タイミングを間違えるとコーナーがギクシャクして危ないことがありました。コーナー出口でアクセル開け過ぎて、フロントが振られてコケそうになってしまいました。

試しに全てコーナーを3速にすると、安定して走れました。このアクセル・ブレーキワークが正しいのかどうか分かりませんが、不安なく走れたのでOKかな。
・体勢はリーンウィズ。
・コーナー手前からブレーキをかけて、直線部分でブレーキは90%終了。
・コーナリング中もブレーキは薄くひきずったまま。
・クリッピング・ポイント手前から、ブレーキを引きずったままで、アクセルも開けていく。
・クリップからブレーキを徐々に弱めながら、アクセルを開けていく。

YZF-R25だと以上でしたが、RZ250Rのときはどうだったのか思い出してみました。もう、10年以上前になりますが、スズキ隼の人と一緒にいろは坂を走ったことがありました。あのときは、登りは隼を置き去りにするほど速く走れました。(お互いに素人なので、速い人が乗れば隼は超速だと思います) そして、下るときも、道路から転落することを恐れずに攻める走りができていました。実際のタイムは計っていないので分かりませんが、体感的にはYZF-R25よりもRZ250Rの方が速いと思います。車重が30kgくらい軽いし、RZ250Rは買ってから10年以上走り込んでましたからね、今日とは条件が違い過ぎるかも。

ただ、乗っていて楽なのは圧倒的にYZF-R25です。人間側が調整することが少ないです。エンジンへのガソリン送り込み量を気にせずにアクセルを開けられるし、コーナーの安定度も高いし、フロントの踏ん張りも圧倒的に安定しているし、ブレーキの効きもいいし、何しろ低回転域のトルクが太いですし。2スト、4ストの違いが大きいと思いますが、バイクの車体やタイヤの進化もあるんでしょうね。

今年、走れる季節のうちに、もう一度いろは坂に行きたいなぁ。しかも、車両が少ない平日に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください