RZ250Rは入院中です

うちのRZ250Rは、メンテナンスと修理のために入院しています。

自覚症状としては、2点ありました。
1) 7,000rpmより上が回らない
2) エンジンがゴロゴロした感じがする

また、次の点も一緒にお願いしました。
3) 2スト特有の処置としてピストンリング交換
4) どうせエンジンを開けるのだからヤバそうな部品の交換

 

なぜ、バイク屋は駅から遠いんでしょうね。バイク乗ってるときは感じなかったですが、歩いていくのは大変です。今日は自転車で行きました。

それで、やっと直接、状況を聞けました。

1) キャプのメインジェットに詰まりあり
2) クランクのベアリング故障 → クランク丸ごと交換
3) ピストンリング交換 (ピストンは異常なし、そのまま使う)
4) その他の修理
・2ストオイルタンクのゴムホース割れ (交換)
・ラジエーター ホースやや劣化 (交換不要)
・クラッチ板は減ってない (交換不要)
・シフトシャフトに溝があり、オイル滲みする (交換)

50,000km超も走ってる割には、エンジン内部は奇麗だったようです。古いクランクはもらうことになりました。どこに飾るか、ちょっと考えます。

ピストンリングを交換したので、馴らし走行が必要だと思います。最初はストレス溜まるでしょうが、長持ちさせるには丁寧に乗らないと。

今は、お金をかけないで、ひたすら長距離を走るルートを考えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください