アクションカメラを買いました(まだ使ってません)

走行動画を撮影するために、いわゆるアクションカメラというものを買ってみました。

まだ、届いたばかりなので、撮影テストは後日です。

最初はiPhoneをYZF-R25にマウントして、走行動画を撮影しようと考えていました。ライコランドで相談すると、速攻で「止めた方がいいですよ」とアドバイスをもらいました。そして、実際に撮影した動画を見せてもらうと、そりゃぁもう、ブレブレの揺れ揺れのガクガク動画で、実に見るに堪えないものでした。いいことを教えてくれてありがとう、ライコランドさん。

お薦めのカメラをきくと、やはり「GoPro」とのことです。しかし、値段が高いんですよねGoProは。そりゃあ、値段なりにしっかり撮影できるし、オプションも沢山でているし、Youtubeでも使っている方が沢山いるし、品質は確かなのでしょう。

でも、値段が高い! お金を稼ぐわけではない趣味の動画にウン万円は出せません。

次に、アマゾンで売れているように見える1万円でお釣りがくるレベルを探してみると、沢山あるじゃないですか! レビューもそれなりに良いことが書いてあるし。ただ、信用できませんね、提灯レビューの可能性も非常に高いので。

そうだ、アクションカメラなら、Youtubeに使用レビューを出している人がいるはず!と考えて探してみると、とってもありがたいチャンネルが見つかりました。「プロが検証-れいちゃんTV-」というYoutubeチャンネルです。

画質、画角、手ブレ補正、音質について様々なカメラを同じ環境で使用して、比較検証しています。大事なのは「同じ環境で比較」です。カメラごとに全く異なる映像サンプルを出されたら、比較できないし、カメラごとの差が分かりません。その点、れいちゃんTVさんは同じ部屋で撮影検証しているので比較しやすく、優劣がはっきりします。

それから比較じゃないですが、画角170度を謳う製品のほとんどが、実際は90度程度しかないのが分かったのは良かったですね。

ということで、1万円以下の予算でGoProに近いレベルを求めるのは無謀と判明しました。予想はしていましたが、はっきりと分かったので諦めがつきました。

結果として、今回のカメラ「Crosstour CT8500」をAmazonで購入することになりました。売価4,980円(税込)ですが、なぜかクーポンが出てきて割引され、さらにアマゾンのポイントやギフト券の残りを適用して3,000円になりました! これなら、何かあっても大丈夫です。所詮3,000円のカメラだし。

届いた箱は、こういった飾り気が全く無いものでした。

中には付属品が大量に入っていました。これらの使い方がいまひとつ理解できてませんが、おいおい試してみます。

さて、まずはカメラの操作方法を習得して、YZF-R25へのマウンターを調達して、走行動画はそれから試してみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください